月刊「歌の手帖」のサイト utate online(ウタテオンライン)です
 
 
  • トップ
  • CD
  • ブーゲンビリア/さよならありがとう(叶 竜也)

ブーゲンビリア/さよならありがとう(叶 竜也)

遠く離れた恋人への変わらぬ気持ちを唄う
『ブーゲンビリア』。
叶竜也の甘い歌声が光って、心に沁みます。


カップリングの『さよならありがとう』は、
人生の中での出会いと別れに感謝するという
メッセージの込められた爽やかな作品です。


カラオケで唄いやすい半音下げや女性用カラオケも収録!


送料:300円(CD2枚まで)

※こちらのご注文はクレジット決済、銀行振込のみの受付です。
※クリックポストで発送いたします。


■収録曲

『ブーゲンビリア』
作詞:池森しおん 作曲・編曲:松井タツオ

『さよならありがとう』
作詞:礼 恭司 作曲・編曲:松井タツオ

『ブーゲンビリア』 (オリジナル・カラオケ)
『さよならありがとう』(オリジナル・カラオケ)
   
『ブーゲンビリア』(半音下げカラオケ)
『さよならありがとう』(半音下げカラオケ)

『ブーゲンビリア』 (女声用カラオケ)
※機械で音を上げたのではなく、女性のキーで新たにアレンジされた音源のため、音質抜群です!


【叶竜也プロフィール】

本名:石田修(いしだおさむ)
誕生日:7月21日(かに座)
出身地:宮崎県日向市美々津町
血液型:O型
身長:175cm
体重:73kg
趣味:墨絵・映画鑑賞・ウォーキング
好きな言葉:まごころ
好きな食べ物:豆腐・ステーキ
好きなお菓子:柿の種・クッキー
好きな果物:イチゴ・デコポン・マンゴー
これからやりたい事:英会話・ギター

2002年10月 「第1回クラウン歌謡フェスティバル大会」優勝
2002年11月 「五木ひろし・傘ん中/二行半の恋文全国大会」優勝
2003年12月 「五木ひろし・逢えて...横浜全国大会」優勝(2年連続)

オフィシャルYouTubeチャンネル「叶竜也の花はどこへいった」
(↑押してください)



【叶竜也ディスコグラフィー】

2004年2月 『幕/秋風』日本クラウンよりデビュー
2007年8月 『めぐり逢いもう一度/愛の街・宮崎』発売
2012年9月 『親父の小言/運命の再会』発売
2013年8月 『もういちどふたりで/親父の祭り唄』発売
2014年3月 『おとこの郷愁』アルバム発売
2015年12月 『咲かず終いできたけれど/美々津』発売
2018年7月 『罪酒/生きているのだから』発売

2020年5月 『ブーゲンビリア/さよならありがとう』徳間ジャパンコミュニケーションズより発売
 

叶竜也『ブーゲンビリア』
カラオケ・グランプリ 出場者募集!


グランプリ賞金:10万円
副賞:『ブーゲンビリア』を都内スタジオにてレコーディング
(来場可能な方、会場までの交通費・宿泊費はご負担ください)

クイーンズグランプリ賞金:3万円
(女性限定)

準グランプリ賞金:2万円
(60歳未満、60代、70代、80歳以上の各世代ごとに進呈)

・『ブーゲンビリア』を唄ったCD、カセット、MD、DVDなどでご応募ください。
・参加費:1000円(作曲家:松井タツオ先生の熱血コメントつき)
・決勝大会出場者全員に記念品贈呈


【募集要項】

『ブーゲンビリア』CDの歌詞カード右下にある三角コーナーを切り取って添付し、参加者の氏名、性別、年齢、電話番号、メールアドレス(ある方のみ)を明記の上、参加費1000円を同封の上、現金書留にてお送りください。

送付先:〒141-8564 東京都品川区北品川6-5-27 御殿山ビル4F
    蠧全屮献礇僖鵐灰潺絅縫院璽轡腑鵐
    「叶竜也カラオケ・グランプリ」係


審査員:名郷根雅史(徳間ジャパン取締役宣伝本部長)
    松井タツオ(作曲家)
    池森しおん(作詞家)
    梶田正宏(徳間ジャパンプロデューサー)
    野上政幸(歌の手帖 統括部長)

応募〆切:2021年3月31日(消印有効)
審査:2021年5月末頃予定(今大会は、出場者全員参加による会場審査は実施いたしません)
発表:叶竜也YouTube公式チャンネルおよび月刊歌の手帖2021年8月号(6/21発売)誌上

問い合わせ先:徳間ジャパンコミュニケーションズ 03-6432-5406
主催:蠧全屮献礇僖鵐灰潺絅縫院璽轡腑鵐此織潺紂璽献奪UNIV.

 
価格 : 1,350円(税込)
数量